災害時などライフラインが断たれても大丈夫!

メリットだけじゃない

オール電化はCO2の排出が少ないので地球環境にやさしいシステムです。

また、料金設定も一般よりも安く設定されているので家計にもやさしいといえます。

それらのメリットから、オール電化を導入する家庭も増えています。

メリットの多いオール電化ですが、一方でデメリットもあります。

その最大のデメリットが、電気が止まってしまったときです。

その時に備える

災害時や突発的な出来事で電気が止まると、あらゆるものが使えなくなってしまうのです。

家事はおろか、生活すべてがストップしてしまいます。

そんな非常時のことを考えて、日頃から備えておくことも必要でしょう。

たとえば、懐中電灯の用意や缶詰などの非常食の準備も大切です。

電気が使えなくなっても何日間は生活ができるような準備をしておくことも、オール電化を導入する際には必要といえるでしょう。

もちろん、災害時などライフラインが断たれた状態ならオール電化でなくても同じことです。

したがって、あらゆる事態を想定しておくことが非常事態に備えることとなるのです。