地震や台風などの災害に日頃から備えておく

災害はいつ起きるかわかりません。普段から、素早く避難できるように準備をしておきたいものです。非常持ち出しセットを作っておくと、災害時だけでなく、突然のケガや病気での入院時にも役に立つかもしれません。

手回し式の充電器は持っておきたい

携帯やスマホの充電器は常に備えておいた方がいい

スマホや携帯電話があれば、とりあえずの明かりと情報は確保できます。ラジオアプリをインストールしておくことで、災害情報も聞けるかもしれません。通話はできなくても、メールやSNSで家族や友人と連絡が取れることもあります。

しかし、心配なのはバッテリー残量です。いつもの使い方なら丸1日もつという方も、災害時には安否確認の連絡が多くなるので、バッテリーの消費量が多くなることが考えられます。いつも使っている充電器でもよいのですが、災害時には乾電池も手に入りにくくなるので、手回し式のものがあると便利です。

今はラジオや懐中電灯と一体になった手回し式充電器もあります。一つ持っておくと安心できるでしょう。もちろん、充電用ケーブルの用意も忘れないでください。懐中電灯は、ボタン電池式の小さなものでも、出先ではいざというとき重宝します。普段からキーホルダーなどにつけておくのがよいでしょう

定番の保存食は3日分を目安にする

炊き出しや援助物資の支給が遅れることも考えて、3日分くらいの水と食料を用意しておきましょう。乾パンやインスタント麺などが定番ですが、水の不足や、電気・ガスの不通で調理方法が限られてくる場合もあります。そのまま食べられる缶詰系がおすすめです。

また、食品は定期的に賞味期限をチェックする必要があります。期限が近いものは、早めに調理して食べてしまいましょう。そのためにも、夕飯のおかずとして取り入れられるようなメニューを揃えておくと楽しめます。

キャラメル・チョコレート・アメ・ガムなどは、日ごろからおやつとして常備しておくとよいでしょう。忙しくてつい食事を抜いてしまった場合にも、とりあえずのカロリー補給に役立ちます。ただ、夏場は溶けてどろどろになってしまうことがあるのが難点です。

着替えと季節によっては防寒具も必要

緊急事態がおきなくても、予備のジャージや下着類を一組用意しておくと、急な出張や入院の場合にも慌てないで済むかもしれません。出張が多い人は逆に、出張セットと兼用できるような組み合わせを考えておくとよいでしょう。

また、タオルやレインコートなども用意しておきたいところです。レインコートは防寒具にもなるので、キャンプやバーベキューなどのアウトドアでも活用できます。100円ショップで売っているような薄手のものなら、コンパクトで邪魔にもなりません。

おそらく、アウトドアライフがお好きな方は、すでに役立つグッズをたくさんお持ちのことでしょう。ぜひ、お手持ちのグッズを活かした非常持ち出しセットを考えてみてください。

実際のセットに何を入れるかは、年齢・性別・職業や家族構成によっても変わってきます。オール電化の家では、ガスを併用している家に比べて暖房や料理に苦労する場面が多いので、その辺りをふまえた準備も必要かもしれません。各自でオリジナルの非常持ち出しセットを作って、日ごろから震災に備えておきましょう。

地球環境への取り組みへとつながるオール電化

オール電化はその一助

オール電化の家庭が最近増えているようですね。

小さな子どもやお年寄りのいる家などは、やはり火を使わないということでやけどや火災の危険性が少ないのが安心できるのでしょう。

また、地球環境のためにCO2の削減に一役買っているという意識もあるに違いありません。

これからの地球温暖化への対策として、微力ながらも個人一人一人が取り組んでいくことは重要です。

オール電化はそのきっかけとなるはずです。

太陽光発電の重要性

地球温暖化にやさしいソーラーパネルは今後ニーズが高まるでしょう

オール電化を導入している人には、ソーラーパネルを設置し太陽光発電を採り入れていることも少なくないそうです。

太陽光発電は究極のエコロジーですし電気代も助かる、まさに地球にやさしく財布にやさしいシステムです。

しかし、地球の環境を変えるまでには太陽光発電の普及はまだ充分とはいえません。

パネルの発電効率をもっと改良してコストも下げることができればもっと広く普及していくことと思うので、これからの一層の研究・開発に期待しています。

オール電化のメリットを見てみよう

暖房費が怖かったけれども…

夫は仕事上転勤が多く、そのせいで家族共々数年ごとに引っ越しを繰り返しています。

単身赴任をしてくれればありがたいんですが、家族はいつも一緒というのが夫の信条なので仕方ありません。

今回は茨城県から北海道への移動でした。

北海道の冬は寒いので暖房費が高くつき大変だろうなと覚悟していたのですが、予想外に安く抑えられており嬉しい誤算です。

The recommendation site
https://www.hikkoshi-gokurashibin.info/
無料で査定できる一括見積があるから予算に応じて対応できます!

以前より安い!!

というのも、今住んでいるマンションがオール電化なんです。

オール電化のほうが電気料金がお得になるかも

オール電化なんで一般よりも基本の電気代は安く設定されているんですが、何よりも深夜電力で蓄熱できるという点が暖房費が少ない理由なんです。

深夜電力は日中の電気料金よりも安いので、その時間帯に蓄熱しておけばそれを昼間の暖房に使えるというわけです。

茨城県の時にはオール電化ではなく暖房は石油ストーブに頼っていたのですが、今のほうが暖房に掛かるお金は少ないくらいです。

またすべての光熱費の支払いは電気一本なので、光熱費にいくら掛かったか把握がしやすいのもメリットです。